ポケモン レート 環境。 【最強】ポケモン歴代対戦環境での「ぶっ壊れポケモン」TOP10組んだぞwwwww(※解説有り)

レート 環境 ポケモン

😚 一番気になる点が、 ゴーストタイプ特有の補助技のラインナップです。 催眠対策方法が増えてきた現状、眠らせないと機能しない型は減少傾向にあり、基本的にはテクニシャン型に厚く対策を考えて良いと思います。

12
レート 環境 ポケモン

👆 ゲンガーや は恐らくまだ上位、 はさらに上位、やはそれほど増えないと予測しています。 (タイプもこおり・ほのおに変更) HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 105 160 55 130 55 135 540 耐久調整ハチマキダルマモードヒヒダルマなんて出てきたら手に負えないかもしれませんね。

6
レート 環境 ポケモン

☮ 耐久調整されていて万が一を耐えられても、3割怯みで勝てます。

8
レート 環境 ポケモン

🤝 新の、カプ・コケコ、にささります。 最後っ屁の変化技は先制技で倒すくらいしか方法がないのも優秀です。 またゴリランダーはチョッキ持ちのため珠センリツもしっかり耐えてくれるのが大きかったです。

3
レート 環境 ポケモン

☣ このあたりをうまく調整すればもっとは面白くなると思います。 その理由が 素早さ種族値の142。 流石600族。

レート 環境 ポケモン

😇 ごくまれにいるスカーフがきついですが数的には無視できるレベルである上、先手を取られた段階で型特定できますので、負けにつながるということはそれほど多くないと思います。 パーティに合わせて技を選択していけるので、様々な選択肢があり、新ポケモンでは人気の高い一匹となりそうです。

10
レート 環境 ポケモン

🤙 今までの受けポケモンでは技を受けるのが難しい 準伝説の登場で全体的な種族値が引き上がり、火力も上昇したため、今まで活躍していたドヒドイデやモロバレルといった受けポケモンでは技を受けるのが難しい環境となりました。 物理耐久のある水タイプにはほとんど手が出せません。 環境 6世代後半 のKP かぶりポイント、つまりみんなが使ってた数 です。

10
レート 環境 ポケモン

🤝 全抜き性能もSを上げることで上がります。

7
レート 環境 ポケモン

😉 いわゆる「スタンパ」を使うからいかんのだ。