渡久地 十 美子。 (2ページ目)『祭祀のウソ・ホント』の著者、渡久地十美子さんが語る神と霊

美子 渡久地 十

👏 考古学に詳しい安里前県立博物館長は、「山川稜と玉陵は機能的につながっているが、史料からは十分に見えないところがある。 例えば、鹿児島なんか噴火したら火山灰がたくさん降ってくるんですよ。 その墓の奥には、尚清王の第八男、読谷山王子の墓もあります。

美子 渡久地 十

✔何にもない。 wp-block-navigation-link:last-child. 「これからの人生が順風満帆で、こっちに引っ越して栄えますように」って、潮の満つ時間に合わせて、実になるものをお供えするといいですね。

美子 渡久地 十

⚒ 霊に対するマブイグミ(魂込め) 渡久地:それで、よく神様のことを聞かれるんですけどね。

美子 渡久地 十

👆 私なら、改修工事する人と一緒に「墓荒らすんじゃなくて、あなた達のために、きれいにやってあげるんだからなんにも心配しないでくださいね」って、なるべくは声かけた方がいいですね。

美子 渡久地 十

🖖 略歴には、1988年頃より神に仕える身となると、書いていらっしゃいます。 blocks-gallery-image:nth-of-type 8n ,.。 皆さん、神様は人間を救うものだと思っていますけどね、ウシクミ(埋め立て)して上に建物作ったりしたら、人間でも重いもの持たされたら文句言いますよね? 神様も同じですよ。

16
美子 渡久地 十

😇 自分がいつもお世話になっている屋敷に、実になるものをお供えして、果物とか、ナスとかキュウリとかでいいですよ。 内に向かって。

美子 渡久地 十

👇 磁石に金属製の物が近づいたら、パッと引っ付きますよね、そういう具合です。 内容は・・・ 正直、この本の目指すところが何なのか良く解らない状況です。