東風戦。 麻雀のルール

東風戦

🖐 一般的な一試合の単位である、 半荘戦(ハンチャンセン)の半分で行われる、短期決戦、それが東風戦です。 和了形を完成させるために、あと1枚(和了牌)だけあればいい状態のことを(テンパイ)という。

19
東風戦

🔥 子がアガるか親がノーテンで流局した場合は次の局へ進み親を交代する• 流石の加治木先輩も困惑中……と。 腰 和了や副露を行う素振りを見せる行為を「腰を使う」と言う。

2
東風戦

🚀 親は、14枚の中から不要な牌を1枚捨てる(打牌)。 リーチをかけたプレイヤーの捨て牌と同じものを捨てれば自分が ロンをされることはありませんし、 リーチ後に場に捨てられた牌を捨てれば ロンされることはありません。 ゲームの終了 [ ] 前述のように南四局が輪荘により終了すると、半荘が終了となる。

20
東風戦

☏ 以前の私の提示した【戦術】は偶然の要素が強すぎるので、偶然の要素を全面的に出せる攻撃スタイルがよいと日記に書きました。 局と場 麻雀における試合の最小の区切りになるのが 局(キョク)です。

14
東風戦

☝ 東々戦では、東九局〜東十二局までを行う。 特定のプレイヤーの点数授受を倍にする。

8
東風戦

☺ もし、親以外のプレイヤーがアガった場合、局は終了し、次の局に移ります。 終了時に最も得点の多かったプレイヤーに加算されるボーナス点である。 そのため、東南戦に慣れている人、東南・東風どちらにも慣れている人、という2パターンが多いのだと思います。

17
東風戦

👆 が、 順子で作った方がより早く成立に近づけます。

4
東風戦

💙 つまり一荘戦の半分なので、途中の南場と西場を省略するという解釈のルール。 なお「123と持っている状態で1をチーしたあとその順子とは無関係な牌を捨て、一巡後に1を捨てる」というものや、「123456と持っている状態で7をチーし、1を切って234と567に組み変える」というものは通常食い変えとしない。 ここでその一例を紹介します。